スマホ広告

では実際のAndroidアプリのPlayストアと、iOSアプリのAppストアにおける広告掲載例を見てみます。

以下の広告は、私の自作アプリに広告を載せました。

広告はスマホからだけではなく、これから見て行きますがPCのブラウザでも閲覧可能です。


スマホ

AndroidのPlayストア

例えばAndroidアプリのPlayストアでは次のようなアプリ紹介ページです。
『共通点を探せ!広告「3Dクイズ.com」』の「共通点を探せ!」がアプリ名で「3Dクイズ.com」が広告です。この場合のようにアプリを宣伝するだけでなくWebサイトを宣伝することもできます。説明文にも広告が載っています。


スマホ

iOSのAppストア

また例えば、iOSのAppストアでは次のようなアプリ紹介ページです。
『間違い探し「FLiP」広告「Seasons」』の『間違い探し「FLiP」』が本来のアプリ名で「Seasons」が広告文です。説明文にも広告が載っています。